暮らしの中にある

 

とまり木を探し

 健康で豊かな人生に

 

 

寄り添える

 

づくり

 

 

を応援しています。 

 

 

ここまで 

 

 

みんなで歩いてきた

 

 

 

です。

 

のこと

ください。


あるく



めぐる


道々

湿度100% (水, 19 6月 2019)
じっとり、ねっとり、べっとり 生温い風がじわじわと攻めてくる沖縄の梅雨 湿度100% サウナのミスト室を上回る。 このぐったり感、 亜熱帯地方の洗礼である。 10数年前、慣れるのに時間がかかったが、 久しぶりの出会いに、不思議と嬉しくなってきた。 これこれ
>> 続きを読む

職長文化 (Sun, 16 Jun 2019)
昔気質の人に出会った。 60歳代後半で、現場にいらした方とお見受けする。 現場でなくても動作ことに指先確認。小声で、ヨシッ! 長年の習慣なのであろう。 背が伸びた姿勢、立ち振る舞い、まさに職長、現場責任者の雰囲気。 こうした"伝統?"は現場で今も続いているのだろうか。 指示すると"うざい"と感じられることもあるが、基本を繰り返し伝える姿勢は間違っていない。 職長文化、責任者流儀は不滅であってほしい。
>> 続きを読む

大切な時間 (Thu, 13 Jun 2019)
佛通寺をお参りする。 子供の頃、よく耳にしていたが、訪ねた記憶があるような、ないような。 近くて遠い存在、曖昧な記憶である。 この歳で歩くと、場も意味合いが変わってくる。 紅葉の季節の賑わいも良いが、 人気のない境内。たった一人の空間が有り難い。 自然に自分と向き合おうとする。 人生の転換期の中、 新しい出会いが毎日続いている。 緊張が続いているのだろうか。やたらに眠くなる。 一期一会。 ひとくせある人や状況。先入観を捨てること。 今、出会うことには何か意味があるはず。 大切な時間である。
>> 続きを読む

とまり木

設計者との対話 (Mon, 17 Jun 2019)
内田祥三先生が編み込まれた建造空間の研究が続いている。 関係資料に目を通しながら、実際の空間と対話をする。 続きをみる
>> 続きを読む

予算の半分を民間の寄付で運営するからこそ「公共」を名乗る。 (Mon, 17 Jun 2019)
創設以来125年守られてきた理念を知る。 「図書館は単なる書庫ではない。 続きをみる
>> 続きを読む

地域の資産 (Sat, 15 Jun 2019)
川崎市内の中学校を訪問する。 地域と学校のつながりはコミュニティの土台である。 しかし、自分や知人の子供がいれば近い存在となるが、一般的には遠いものである。校舎に入る事などまずない。 続きをみる
>> 続きを読む


しるす


けんこう屋

コミュニティヘルス論


保健センター進化論 

  建築空間デザインウォッチ  


ゆくる