暮らしの中にある

 

とまり木を探し

 健康で豊かな人生に

 

 

寄り添う

 

づくり

 

 

を応援しています。 

 

 

ここまで 

 

 

みんなで歩いてきた

 

 

 

です。

 

のこと

ください。


あるく



多様性



雑感


にんべん雑感

気持ちのあり方だけ (火, 06 4月 2021)
個人で使っている6つの発信ツール しばらく距離を置いているものもあるが どちらも6-10年続いている 承認願望もなく、自分のために記している 内容は、以前と違って日常の気づきや家族の様子が多くなり申し訳ないような、むずがゆいような もう閉じてもいいのだが、書くことも生活の一部になっていることもあり 勝手ながら承認いただいてきた範囲を小さくし、マイルールで続けさせていただいている きっかけは、突然思い出したダンバー指数 人が安定的な社会関係を維持できるとされる認知的な上限が150人と言われている 自分の戯言は、いくらなんでも1000人以上の人に届けるようなものではなく、心地が悪くなりだした 一昨年あたりから、少しずつ縮小させてもらい200-400のつながりへ とは言えこれまでの関係は変わらないのだが また、ある時期から居場所もタグ付けもせずに不親切な投稿をしている 不思議なことにそれだけでとても気が楽になってきた 自分の気持ちのあり方だけなのだが。。。  
>> 続きを読む

祈りなさい 祈りなさい (Mon, 18 May 2020)
かれこれ15年くらい前に 青森の教会設計の相談を受けた 歓迎していただく中、神父さんが教会のありかた、行事、設、動線をトップスピードで教えてくださった 懇切丁寧に、あたかも新たな信者へ話すかのように そして、「洗礼はわかりますか?」 「?」 「すみません、私、仏教なのですが、このまま進んでいっても大丈夫なのでしょうか?」 「大丈夫ですよー」と ニコニコうなづかれるばかりで、話が噛み合わず、、、何度も何度も繰り返す (ひょうきん族の横澤P神父のようにも思えた) そして、地元の建設会社へどこまで、どのように図面指示を出したのか、ほとんど覚えてないが、 あの不思議なやりとりだけは忘れない たまたま、ラジオから聞こえてきた厳格なバプテストの話に、当時を思い出しながら緊張する 祈りなさい、祈りなさい
>> 続きを読む

仲間を案じる (Sat, 16 May 2020)
在宅ワークが始まって1か月余が経過した パソコンが続く中、散歩、花、夜空を繰り返し頭の中をサイドチェンジする 移動がないのは、いわば地域の定点観測 ここ数年のライフスタイルが、深まっていくようである さて、にわかに経済活動の再開、withコロナ、afterコロナの話が多くなる 家族の会話でもリーマン後の話が出てくる いろいろな計画案件がダメになっていった 本当にしんどかったこと、家族は感じていない ある時から仕事の話はしなくなった 家の中はそれでよかったのだと思う しかし、あの頃と同じままだったら、今どうなっているだろうか コロナ禍は静かな大嵐 じっとしていても、小さな変化を繰り返すことで、心は安定する 直面している仲間のことを案じる
>> 続きを読む

七日間ブックカバーチャレンジ (Tue, 05 May 2020)
緊急事態宣言発出により外出自粛の中、7日間ブックカバーチャレンジという、本の紹介企画に参加した。 私は駅伝にたとえながら、ゆっくりと本に向き合い、立ち止まったり、歩いたり、応援があったり、シンプルに道中を楽しんだ。 ●初日/一冊目 「あなた らしいと ほめられ けなされる」 柴田睦郎著 著者である柴田先生は、北海道医療大学の医師であり、第一線の川柳作家でもある。本著を読むたびに一本取られる句は、「再読のたびに良書は新しい」今回もそうであった。また2018年に西表島へ向かった時、本著を旅の友として写真におさめたことは記憶に新しい。 ●二日目/二冊目 「江戸の定年後」 中江克巳著 20年前、40歳になった頃、江戸時代の隠居は40歳代であったことを「江戸の定年後」との出会いで知った。寿命が短かった時代ということもあるが、一番は家業、家督を早く次の世代へ渡して、新しい愉しみに挑戦する、いわば隠居=パラダイムシフトだったようである。 さすがに40-50歳の頃はできなかったが、発想を変えて、ここ数年取り組んでいる新たな挑戦へのヒントになった一冊である。 ●三日目/三冊目 「辺境コミュニティの維持」 本村真編著 あちこちのヘルスコミュニティを研究してきたが、「辺境コミュニティの維持」を読み"ワクワク"した。9名の研究者の論文編であるが、読みやすく、その地を歩き、人に出会い、一緒に考えているような気持ちになった。 ●中日/四冊目 「塩の道」 宮本常一著 子供の頃、寺住職の祖父を訪ねて取材に来られた研究者の方がいた。「村のなりたち」「町のなりたち」という本を置いていかれた。内容はわからなかったのだが、なりたち"というひらがなの意味を祖父に教えてもらっら記憶がある。社会人になってその方の本に再会した。民俗学者宮本常一氏であった。 ●五日目/五冊目 「宮大工 千年の手と技」 松浦昭次著 尾道の寺の建替時に、棟梁で来られたのが宮大工の松浦昭次さんだった。よく現場事務所で"指矩(さしがね)"で遊ばせてもらった。 縁は大人なっても続き、2006年には、古民家再生シンポジウムでご一緒させていただいたこともある。近年は藤枝のご自宅をたびたび訪ね、学びが続いている。 ●六日目/六冊目 「進化する自転車まちづくり」 古倉宗治著 昨年から自分が住んでいるまちの環境活動を始めている。これまで各地で地域に向き合う仕事をしてきたが、分野が違えば知らないことばかり。学習会で子供たちの博学にびっくり。とはいえ、人が真ん中であることには変わりはなく、ゆっくり学びながらつながりを楽しんでいる。そして、活動拠点(川崎市地球温暖化防止活動推進センター)で、たまたま目に止まった本が「進化する自転車まちづくり」である。 ●千秋楽/七冊目 「豊かな人生〜悟って生きる」 武者小路実篤著 父親が揃えていた「武者小路実篤文学全集」が最初の出会いだった。「じっとくさんよ(笑)」という変な紹介がきっかけとなり、中学以来ずーっとファンで、珠玉の言葉に励まされてきた。 とりわけ【この道より 我を生かす道なし この道を歩く】 には勇気をもらい続けている。  本著の中の「生き抜く事」と「より良く生きる」にある言葉も、活動の礎になっている。 ●声援特別編 また、尾道の母親から本の"声援"が届いた。 「花ひらく 心ひらく 道ひらく」 坂村真民著 「坂村真民さんの言葉を思い出しました。「あとから来る者のために」もう一度本を読み直します。一人で思いますのに、コロナには、こころがあるのではないかと❓心が、負けないように⁉️戦争中の時の精神状態に、似ているよう?今は食べ物があるから、その心配はないので幸せです。」 昨年の夏、坂村真民記念館へ一緒に行った時、購入した一冊だった。 コロナ禍の出口の見えない状況下で、いかに考え、行動するか、七日間、本の選別と襷を受け取ってもらえる方への声かけは、いろいろな意味でよい時間となった。 さて、この先どんな本との出会いがあるのだろうか。偶有性を愉しみたい。  
>> 続きを読む

テイクアウトと言うけど (Tue, 05 May 2020)
飲食店が弁当を作り、がんばられている SNSでは、テイクアウトの写真がいっぱい ほとんど行ったことのない店ばかりだが、 食べてみようかなと思うところもちらほら けれど、どの店にも行っていない 地域の元気につながるように協力することはやぶさかではないが、 作ったほうがいいのではと、思ってしまう 買ってくるとしても、惣菜を1-2品加えるかどうか 外出自粛が始まってからは、次女がいろいろな料理にチャレンジしている コロッケ、ハンバーグ、カレー、ミートソース、餃子、、、そしてスイーツあれこれ しばらく作らないものが並ぶ 次女の料理が済むと、交代してめざしを焼く 切り干し大根も作るかな
>> 続きを読む


概論


けんこう屋

コミュニティヘルス論


保健センター進化論 

旧公衆衛生院 研究中

地域環境活動

健築学

  建築空間デザインウォッチ  


ゆくる