暮らしの中にある

 

とまり木を探し

 健康で豊かな人生に

 

 

寄り添う

 

づくり

 

 

を応援しています。 

 

 

ここまで 

 

 

みんなで歩いてきた

 

 

 

です。

 

のこと

ください。


あるく



めぐる


にんべん雑感

盆を過ぎてもまだまだ盛夏 (土, 17 8月 2019)
日中、神奈川も36°を超える 盆を過ぎてもまだまだ盛夏 自転車がパンクをする これも暑さのせいだろうか 自転車屋さんに行き修理してもらう 1200円、ギリギリ持っていた 500円くらいかと思っていた 影もくっきり、クラクラする 寒さは苦手だが、暑さも苦手になってきた やれやれ こんな時は行水に限る
>> 続きを読む

盆送り (Sat, 17 Aug 2019)
チリン、チリンと風鈴が心地良い音を。 台風の影響もあり、涼しい風をもたらす。 一息つく。 猛暑が続く中、天の恵みである。 昨夜は盆の送り、沖縄ではウークイ。 この琉球ガラスの風鈴がエイサー太鼓の代わりをしてくれたのかもしれない。 良い音、良い風を運んで、あの世に帰られた。
>> 続きを読む

エアコンの寿命 (Tue, 13 Aug 2019)
夕べからエアコンが冷えなくなった 14年目。寿命のようである。 内閣府による2017年の統計情報「消費者動向調査」によると、エアコンの平均寿命は「13.6年」。 悔しいくらいぴったり。 考えてみれば長女、長男がまだ高校生の頃。 次女に至っては小学生 よく頑張ってくれた。 我が家の電化製品も2回目の買い替え時期が来ている。 家族の成長と家電製品の買い替え テレビ、冷蔵庫、洗濯機、ビデオ、音楽製品 少なからずエピソードがある。 3回目は自分は後期高齢者になっている頃か。 何にもいらなくなるのだろうか。 とは言え、地球温暖化の加速でエアコンは益々必需品になる。 付けっ放しの時代が来るかもしれない。 小市民のクールチョイス物語
>> 続きを読む

転倒 (Fri, 09 Aug 2019)
両手に物を持ち、見事に前方へ転倒 全身に力が入る ややこしい持病に影響しないよう、いつも用心していたのだが。 転倒後、首は硬直し、太腿の裏もつってヤバイかなと思ったが、しばらくするとおさまり大事に至らず。 幸い膝の打撲だけですみそうだ。 しかし、これから先の転倒は致命傷になりかねない。 無理は禁物、用心用心。  
>> 続きを読む

この夏一番のギフト (Sat, 03 Aug 2019)
昼は猛暑、夜は熱帯夜 熱中症にならぬよう、こまめに水分補給 しかし、厳しささやかなばかりではない 木陰に白い芙蓉の花 夜空には夏の大三角 この夏一番のギフト 都心部で楽しむささやかな自然である
>> 続きを読む


やすむ


とまり木

建築思想の見立て (Sun, 18 Aug 2019)
建築思想の見立ては、一つの仮説、文脈が整うと別の考えが浮かびにくくなる。 最初の仮説に引っ張られ、新鮮な発想になりにくい。 この場合、他者との意見交換、思想研究が大切になる。自分の内側との対話だと、サイドチェンジがてきにくい。 続きをみる
>> 続きを読む

面取りに含まれるメッセージ (Wed, 07 Aug 2019)
旧公衆衛生院の柱には、角の面を取ったものと、そうでないものがある。 また、面取りは上部下部とも途中で止め、三角のデザインが浮かぶように施されている。 旧公衆衛生院の開設の目的は、保健衛生に関する研究と保健師の教育にある。 続きをみる
>> 続きを読む

ドームをイメージして (Mon, 05 Aug 2019)
旧公衆衛生院の中央ホール やはりドームをイメージして描かれたのではなかろうか。 中央に近づくにつれおり上がる。 続きをみる
>> 続きを読む

昭和10年代への旅 その後 (Mon, 29 Jul 2019)
旧公衆衛生院 この館には昭和10年代の設え、機能が現役のまま生きている。痕跡は数限りなく残っている。 80年以上前の空間が現存していることは、奇跡かもしれない。 続きをみる
>> 続きを読む

夏休み自由研究講座 (Sun, 28 Jul 2019)
川崎市地球温暖化防止活動推進センター主催の夏休み自由研究講座。夏休みが始まると同時に開かれ、8月上旬まで全26講座に小学生が集まる。 毎年開催され、東京都内からも応募があり抽選となる人気プログラムである。 続きをみる
>> 続きを読む


しるす


けんこう屋

コミュニティヘルス論


保健センター進化論 

旧公衆衛生院 研究中

地域環境

  建築空間デザインウォッチ  


ゆくる