とまり木

僕らのチームでできることないのかな? (水, 16 10月 2019)
地域環境リーダー講座もあと1回を残すのみ。初めて出会ったメンバーも、5カ月間、意見交換し、ゴールを決めて協働していくとチームらしくなってくる。 年齢、職業、家族構成等、バックグラウンドはバラバラだが、徐々に共通言語が生まれ馴染んでくる。環境が入り口であったが、地域全般へ関心は広がっていく。 続きをみる
>> 続きを読む

新国立競技場周辺を歩く (Mon, 07 Oct 2019)
神宮外苑を歩く 新国立競技場も完成ま近 続きをみる
>> 続きを読む

地域コミュニティへ多種多様な業界からのアプローチ (Fri, 04 Oct 2019)
「地域における省エネ家電買換促進会議」へアドバイザーとして参加する。 エアコン、冷蔵庫、LED照明を中心とする省エネ家電への買換促進は、環境省が旗を振り展開されているが、わかりづらく、また高性能がゆえに高額で、動きが鈍い。 続きをみる
>> 続きを読む

看板建築 (Thu, 03 Oct 2019)
湯島の看板建築7連棟 竣工は昭和初期あたりだろうか 続きをみる
>> 続きを読む

【BIMの時代】 (Wed, 02 Oct 2019)
BIMとは、Building Information Modelingの略称。 現実と同じ建物の立体モデルを再現しながら計画をしていく仕組み。 続きをみる
>> 続きを読む

過去と未来の学び、そして行動 (Mon, 30 Sep 2019)
歴史的建造物と地球環境の学習を続けている。過去と未来の学びから今と向き合う対極的な視座である。 今現在、横軸のつながりを重視する傾向が出てくる。今起こっている情報、課題、関係性への課題に対応することが優先され、縦軸のつながり、時間、空間、関係性は見落としがちになる。 続きをみる
>> 続きを読む

日曜日は環境講座 (Mon, 30 Sep 2019)
日曜日の環境講座が続く 建築、健康、福祉、教育、そして環境 続きをみる
>> 続きを読む

研究は続く (Sat, 28 Sep 2019)
旧公衆衛生院の建物研究は、半年が過ぎた。 時間をかけ、空間と対峙することで、思想を感じることが少しでもできればと続けているが、疑問は深まるばかりである。 戦前戦後、困難な時代を超えながら毅然と佇む姿。そこには、社会背景と密接な関係がある。 続きをみる
>> 続きを読む

旧公衆衛生院 竣工の時代 (Mon, 23 Sep 2019)
大河ドラマ" いだてん " で、ナチスドイツ、ベルリンオリンピック、韓国併合、満州国、日中戦争勃発の頃の社会情勢を映している。 旧公衆衛生院が竣工したのは、昭和13年。 日中戦争が始まった翌年である。 時代背景は同じ。少なからずシーンが被ってくる。 続きをみる
>> 続きを読む

指定管理者制度から見えてくるもの (Mon, 16 Sep 2019)
某施設の職員さんからメッセージが届く。 「やっと、行政の目を気にせず、活動できるようになり嬉しいです地域作り頑張りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます」 続きをみる
>> 続きを読む