とまり木

フィールドワーク (月, 06 7月 2020)
スケッチブックと鉛筆を手に 旧公衆衛生院を半日かけて歩く 気づいたデザインを描いてみる 最初、なかなか手が動かなかった どのよう描けばよいのか悩んでいるようだった 3つのシーンを観たくらいから、自然に手が動き始める 線に積極性が出てくる 写真を撮るだけでは気づきにくい ディテールの一つひとつに意味がある 上手く描くことが目的ではない しっかりと考えること そして、手を動かすこと PCとは違う脳の動かし方 気づいたコトは、体に染みつく コロナ禍でのフィールドワーク リモートでは掴みにくい感動が広がる 続きをみる
>> 続きを読む

物件調査 (Mon, 22 Jun 2020)
●企画設計の基本 設計事務所はカンバンを上げておけば依頼が来るわけではない。 最初は皆、企画力、デザイン力、業務執行力をアピール(営業)していく。 また、クライアントとつながったとしても、簡単に計画地情報をいただけるものでもない。 続きをみる
>> 続きを読む

異例続き (Mon, 11 May 2020)
コロナ禍の真っ只中、3/31に始まったプロポーザル。 説明会は、消毒液が置かれ、窓を開け、椅子の前後を離して強行された。 4/14に一度期間延期され、5/1夜遅くに中止の連絡。かつてない異例続きだった。 出来上がったプランは塩漬け。 行政担当者も判断に困っただろうが。 仕方がない。残念 続きをみる
>> 続きを読む

日本がばらばら (Sun, 12 Apr 2020)
緊急事態宣言の発出後、全国の県市町村、地域が独自の対策、補償制度を出し始めた。 政府の対策がわかりづらく、対象は限られ、スピード感のない印象だったからと思われる。 続きをみる
>> 続きを読む

心の豊かさとリスクの一瞬 (Tue, 31 Mar 2020)
曇天の冷たい風が吹く中 デイサービスご一行のお出かけ 満開の桜の前での撮影 季節外れの雪が足元に残っている 続きをみる
>> 続きを読む

環境活動の報告 (Sat, 21 Mar 2020)
年度末 環境活動助成事業の年度報告を完了する。 これまで何度か助成事業の報告を行ってきたが、"完"の文字をいただく度にほっとする。 所轄、事業内容、年度により書式や提出方法は違うが、電子媒体が進んでも紙ベースはゼロにはならない。 続きをみる
>> 続きを読む

週末研究 年度終了 (Fri, 20 Mar 2020)
旧公衆衛生院 週末研究36 令和元年度終了 続きをみる
>> 続きを読む

感覚2メートルの捉え方 (Thu, 05 Mar 2020)
新型コロナウイルス対策で飛沫感染防止のための間隔2メートル。 屋内と屋外では距離感の捉え方が違うが、下手をすると、全ての劇場、コンサートホール、屋外競技場で何もできなくなってしまう。 カープの入場券売り場前には飛沫感染対策として購入者同士の間隔を2メートルにするため、直径1.8メートルの円形カーペットを並べて中央で待つように指示をだした。 続きをみる
>> 続きを読む

健築学2〜チームコンセプトと戦術 (Tue, 18 Feb 2020)
現在の設計は、ひとりではできない。複数の人がチームをつくり、力を合わせてプロジェクトに向き合う。 スポーツチームや映画制作等と同様に、ゼネラルマネージャーは構想の具体化に向け、プロジェクトの見立てが重要になる。メンバー編成や技量の見極め、時間のマネジメント等が求められる。 続きをみる
>> 続きを読む

健築学3〜チームでのワーキングが進むにつれて (Wed, 19 Feb 2020)
チームでのワーキングが進むにつれて、メンバーの性格、長所、短所が見えてくる。  イメージが展開し乗っている時は、どんどん進んでいけば良い。互いのリズムを感じる時は、いい仕事につながっていく。 続きをみる
>> 続きを読む