Community Health 2

日本がばらばら (日, 12 4月 2020)
緊急事態宣言の発出後、全国の県市町村、地域が独自の対策、補償制度を出し始めた。 政府の対策がわかりづらく、対象は限られ、スピード感のない印象だったからと思われる。 続きをみる
>> 続きを読む

心の豊かさとリスクの一瞬 (Tue, 31 Mar 2020)
曇天の冷たい風が吹く中 デイサービスご一行のお出かけ 満開の桜の前での撮影 季節外れの雪が足元に残っている 続きをみる
>> 続きを読む

健築学〜文脈を読み取り物語を創る (Mon, 17 Feb 2020)
一人ひとりに生き方がある。同様に建築にも生き方がある。 「ここにこんなものがあったらどうだろうか」と、考える人のイメージを汲み取り、具現化していくプロセスは、これから何十年とつながっていく物語を書くようなものである。 過去を知り、今を見つめ、未来を描く。どんな人が集い、誰が関わっていくのか。それによりどのような空間が考えられるのか、仮説をたててみる。舞台となる土地の歴史、しがらみを知っておくことも大切である。 そうすることから、大胆な発想、広がる未来が感じられてくる。 続きをみる
>> 続きを読む

懐かしい金華のまちづくり (Mon, 17 Feb 2020)
唯一視るテレビ、大河ドラマ「麒麟がくる」で 美濃 稲葉山のCG(おそらく)がよく出てくる 20年前に関わった岐阜市の金華エリアがオーバーラップする 続きをみる
>> 続きを読む

プロボノ振り返り会 (Sun, 16 Feb 2020)
昨年9月にキックオフをした川崎プロボノ部2019の振り返り会が行われた。 ワーカーと7つの団体との創発。言葉は知っていたが、実践の場に入ってみるとこれまでのイメージと全く違っていた。 続きをみる
>> 続きを読む

粋いき金華の元気館 (Tue, 11 Feb 2020)
鶴瓶の家族に乾杯 岐阜 玉井町を散策、あー 20年前の設計現場がもうちょっとで映ったのに 十八楼の並び、知人宅は映ったが、 粋いき金華の元気館は、、、 惜しかった、残念 しかし、懐かしい また訪ねてみたい 続きをみる
>> 続きを読む

ルネサンス ジム&スタジオ 完成 (Mon, 27 Jan 2020)
スポーツクラブルネサンスの新業態、ジム&スタジオ1号店が完成。 ライフスタイルに合わせた、24時間対応のコンビニエンス空間である。 これまでのフルスペック店舗とは異なり、ジムとスタジオ、そしてシニアの元気ジムを組み合わせた、より生活空間に近い都市型モデルに。 続きをみる
>> 続きを読む

竈金の話 (Sat, 11 Jan 2020)
2013.1.11フェイスブックより 昨夜の松井孝治さんの話は、忘れかけていた活動の原点を思い出す内容であった。 明治 5 年の学制発布の 3 年前、京都の町衆は「番組」という自治組織ごとに、各家庭が竈 (かまど)の数相応の金額を出しあう「竃金(かまどきん)」などによって、64 の「番組小学校」 を設立した。 続きをみる
>> 続きを読む

地元の健康フェスタ (Thu, 09 Jan 2020)
"みんなで健康フェスタ"のポスターに立ち止まる これまで各地の健康まつりへ仕事で行っていたどちらの開催も特色が盛り込まれていた 続きをみる
>> 続きを読む

公開空地での受動喫煙禁止条例 (Tue, 07 Jan 2020)
公開空地での喫煙が禁止された。東京都受動喫煙防止条例及び官庁からの指導によるもの。 雨の日でも傘をさして集まっていた人影は消えた。 続きをみる
>> 続きを読む

水戸 お話し会運営委員会総会 (Fri, 27 Dec 2019)
令和元年 「水戸在宅医療と介護のお話会」運営委員会総会へ出席する 。 水戸在宅ネットワークが任意で行っている地域活動は、丸5年が経過した。 続きをみる
>> 続きを読む

13年目のグクル (Sun, 08 Dec 2019)
(グクルブログ転載) 干支がひと回り、グクルは13年目に入りました。一重に皆さまのお陰です。ありがとうございます♪ 近年、健康な暮らしに寄り添う機会、パーソナルケアのご縁が多くなってきました。 また、ヘルスコミュニティ、場の育成支援についてもお声をかけていただいております。 続きをみる
>> 続きを読む

首里城正殿における火災〜グクルのSNSより (Fri, 01 Nov 2019)
グクルのSNSより 首里城正殿における火災 涙が出てきます。 続きをみる
>> 続きを読む

映画ケアニンを鑑賞して在宅医療・介護・看取りを語る会 (Sat, 26 Oct 2019)
映画ケアニンを鑑賞して在宅医療・介護・看取りを語る会が水戸市で行われた。 映画を共通言語にしながら、自分自身及び地域と向き合う場。通常行われている"お話し会"が土台にあるが、今回は軸足を専門職に置き、ケアニンスタイルでの進行。 続きをみる
>> 続きを読む

指定管理者制度から見えてくるもの (Mon, 16 Sep 2019)
某施設の職員さんからメッセージが届く。 「やっと、行政の目を気にせず、活動できるようになり嬉しいです地域作り頑張りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます」 続きをみる
>> 続きを読む

地域コミュニティで活動する人 (Sat, 07 Sep 2019)
参加のきっかけは様々だが、コミュニティで活動する人は、自分ごととして地域課題に向き合っている方々が多い。 多くの組織、部会、グループがあるが、同じテーマでも其々の性格があり、違いがある。 共通するのは、課題解決に粘り強く取り組む姿勢。そして、仲間と楽しみながら続けていること。 続きをみる
>> 続きを読む

地域というチーム (Sun, 25 Aug 2019)
都市部から地域へ移住し、これまでやってきたスタイル、流儀をそのまま行うことは、地域にとって有益となる余程の特殊性、突き抜けたものがない限りチームに調和しない。斬新、良いこと、役に立つ程度のことでは一時的に賛同されても、続かない。 コミュニティビジネスのイメージも、マーケットとして捉えるか、コミュニティに必要とされ、寄り添うこととして捉えるかではデザインは大きく違う。 続きをみる
>> 続きを読む

health biz watch 20周年 (Fri, 21 Jun 2019)
メルマガ health biz watch の20周年party にお招きいただく。 1999年の創刊以来、Hbwはヘルスケア業界の水先案内役を担ってこられた。 私も同じ時代を歩み、いつも信頼できる情報源として寄り添ってもらっている。 続きをみる
>> 続きを読む

あらためて感じるグループとネットワークの重要性 (Thu, 30 May 2019)
これまで、個人、自治会、大学、LLP、LLC、株式会社と異なる形態から地域活動、関連した取り組みに関わってきたが、それぞれの性格、スタンスがあり、当然のことながら向き合い方にも違いがあった。 今回、NPOからのアプローチを学ばせていただきながら個人、グループとネットワークの有機的な動き、重要性をあらためて認識している。 続きをみる
>> 続きを読む

ご自身が「どうありたいのか」に気づき、実現できるよう支援する地域包括ケアが"水戸"にある。 (Fri, 24 May 2019)
5月18日、水戸在宅医療介護のお話会 住民総会が行われた。水戸の民間(住民&専門職)による活動は6年目に入った。 この活動は、多職種による水戸在宅ケアネットワークが発足され、「顔が見える関係づくり」を目的とした勉強会、情報交換会から始まった。 続きをみる
>> 続きを読む

複数の視点・分野からのまちづくり (Tue, 21 May 2019)
まちを一つの視点・分野だけで見定めることは住民の思いが反映されにくく、課題解決、未来創造へつながらない。 少なくとも複数の視点・分野から調整していくことが賢明である。行政的には他課との連携を必須としたグランドデザインを進めることを心がけたい。 続きをみる
>> 続きを読む

地域・元気・コミュニケーションの12年 (Sat, 18 May 2019)
チームグクル / グクルの森は創設12年目を迎えた。 これまで地域・元気・コミュニケーションをキーワードに健康づくり、生き方調整を行なってきた。 続きをみる
>> 続きを読む

地域へのアプローチ手法 (Fri, 10 May 2019)
昨日、環境の会議に初めて出席する。 地域に向き合うのは同じでも、健康福祉とアプローチの違いを実感。 とりわけ、教育と連動した子どもへの意識づくり、行動スキームに学ぶことばかり。 続きをみる
>> 続きを読む

水戸在宅ケアネットワーク総会・市民講座 (Wed, 08 May 2019)
日時: 令和元年5月18日(土) AM9:30ー12:30 (受付; 9:10〜) おもな内容: 続きをみる
>> 続きを読む

企画を地域文化にするためのトリプル3 (Sun, 17 Mar 2019)
地域には地域の習慣、決まりごとがある。 それは、その地の暮らし方と密接な関係にある。 企画を催すにあたっても、誰にお願いし、どのように協力、共催していただくのか。行政、自治会、企業・団体。3つのコミュニティの優先順位は?マネタイズの方法は? 続きをみる
>> 続きを読む