関原 宏昭

せきはら   ひろあき

1959年 広島県尾道市生 神奈川県川崎市高津区在住

 

にんべんのつく健築家

株式会社ラピュア地域デザイン研究所 所長  (1997- )

チームグクル合同会社 共同創業者テクニカルディレクター (2008- )

株式会社運動と医学の出版社 参与(2017-)

信州大学 コミュニティヘルス&ツーリズム共同研究員 (2016- )

水戸在宅ケアネットワーク 顧問 (2016- )

中小企業庁中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業 派遣専門家(2015-)

場を創るロマン〜Health Community

 

日本各地にJリーグ・サッカーのクラブチームが生まれ、地域が元気になる新しい健康文化が定着した。健康づくりも同じように日本固有のコミュニティ文化を活かしながら、クラブシステムで地域に根づくことができないだろうか。暮らしの一部、地域文化となる健康交流の場〜ヘルスコミュニティ。ここに来てよかった、あなたに出会えてよかったと思える場を創りたい。

 

研究

 

信州大学 ヘルスコミュニティ&ツーリズム共同研究員(2016- )

琉球大学ヘルスツーリズム研究センター副センター長 (2015 )
琉球大学大学院観光科学研究科客員講師/共同研究員 (2008-2015 )
沖縄国際大学大学院地域文化研究科客員講師 (2008-2014 )
琉球大学法文学部観光学科客員研究員(2008-2010 )
 
地区・集落で生活の中心的な役割を担う場は、一人ひとりの元気調整の場となり、生活、祭事の核(コア)となっていた。人々が集い、主体性、笑顔、感動、交流が生まれコミュニケーションが図らていた。東西問わず紀元前より生まれていた「健康観」、医学の発展に反して語られなくなってきた地域の習慣、自然の中での健康文化。もともとある生活習慣から「新たな健康観」を検証し、実践・実業化へとつなげていく。

 

(1)集落の形成、生活文化の中心となるソーシャルキャピタル総合的研究

(2)健康ウェルネス空間の分析・研究・企画構想

(3)住民参加型によるヘルスコミュニティ、まちづくりの研究・実践

(4)産学官連携による健康アライアンスの構築実践

(5)健康資源からの地域活性化、モノ・コトづくりの研究実践

 

社会活動

 

水戸市在宅医療•介護に関する地域普及啓発アドバイザー (2015-16 )

沖縄県文化観光スポーツ部 〜新・教育旅行商品化事業 コーディネーター (2013,9-2014.2 )

沖縄総合事務局(中小企業庁)〜小規模事業者活生化支援事業コーディネーター (2013,10,-2014,2 )

沖縄総合事務局(中小企業庁)〜新連携支援事業 コーディネーター (2013-2017)

沖縄総合事務局(経済産業省)〜医療生活産業創出事業 コーディネーター(2012,7-2013,3 )

沖縄総合事務局〜万国医療津梁協議会メデイカルスパ検討委員会 座長  (2011,7-2012,3 )
北中城村商工会事業観光連絡協議会 〜地域資源地域力活用全国展開P理事(2011,7-2012,3 )

北中城村(総務省事業)~北中城村ヘルスネット検討会 委員 (2009,6-2011,3 )

 

諸活動

 

私塾

地域元気塾 主宰(1〜3期)  20112013年

松蔭コモンズ 座談 主宰  2005年~2007年 

 

講師

㈶地域医療振興財団 ‘96-05

㈳全国保健センター連合会 ‘95-08

 

講演

「住民参加型 健康づくり&ものづくり シンクロナイズド ゲンキ!?」

「コミュニティヘルスデザイン」  

「住民中心の地域包括ケアデザイン」

「定年退職者に向けた元気な暮らしのデザイン」

「ヘルスコミュニティの人材育成」

「一人ひとりが地域の宝、元気の源」 

「コミュニティヘルスの進め方」

「ヘルスコミュニティの場、ビジネスプラン」

 

執筆 

三輪書店「月刊地域リハビリテーション」連載15,7-16,6

琉球新報「南風」連載09,1-6  

地域づくり誌「かがり火」  

全国保健センター連合会誌「マンスリー保健センター」連載2005-(18ヶ月間)

健康学習誌連載  

 

ジオ番組制作  

コメンテーター

信越放送「もっとまつもと!」'16.4〜

茨城放送「みつこdeリラックス」'14.10'15.9

 

ラジオ沖縄「チムグクルソシアルクラブ」

FM那覇「グクルdeハッスル!」  

FM21「健康音楽バラエティ グクルの森」