Health Community

”健康のある暮らし”寄り添い人

健康で暮らすことは、寄り添う人の存在でスタイルが変わる。暮らしぶりを見据え、無理強いせず、何気なく言葉をかけてくれる人が居れば心は落ち着く。健康の維持、増進は本人の主体性でしかない。楽しいこと、苦しいことが繰り返す中でも続いていく暮らし方そのものである。

健康に欠かせぬビタミンは、コミュニケーションをとることである。しかし、無理をして仲間をつくることではない。大切なのは心の調整につながる交流の機会があることである。家族、友人と本音で話ができれば心は折れにくくなる。専門的なパートナーは、一人ひとりの体と心から出ている信号に気づき、調整する人で、いわば“健康のある暮らし寄り添い人(びと)”である。

 

”健康のある暮らし”に寄り添う場 

健康相談は、保健医療の専門職であれ、健康づくりのプロであれ、ちゃんと話を聞いてもらえることが一番大切である。指導を受けることだけではない。振り返り、自分を見つめることである。そして、会話の中から“何かできるかな”と思えた時、生き方のイメージが創られる。

安心して話をすることができ、時間と空間が心地よく、もう一度訪れ“その後の思いや行動”を話したくなるような所が“健康のある暮らしに寄り添う場”である。