環境アプローチ

環境教育出前授業 (木, 12 12月 2019)
小中学生の対応が続く 大学生、一般者とは、どうも勝手が違う もちろん内容は違うのだか。。。 いつもは表情や雰囲気を見ながら進めるが、いろいろな受け方の生徒がいて、つかみ方がわからない 試合勘の調整というのか、 イメージした進め方が、マネージできていない おそらく勉強不足からきているのだろう 続きをみる
>> 続きを読む

SDGsラッピング車両 (Thu, 21 Nov 2019)
10月から山手線に走っているSDGsラッピング車両に乗り合わせた。 環境省はじめ各省庁が社会に仕掛けているムーブメントの一つ。実にカラフルである。 続きをみる
>> 続きを読む

地域環境活動〜かわさき市民祭りへのブース出展 (Tue, 05 Nov 2019)
連日の地域環境活動 川崎市内富士見公園一帯で行われた「かわさき市民祭り」のブース出展に参加する。  今年で42回目となる地域に定着した祭り、例年3日間で50万人を超える来場者があるという。   続きをみる
>> 続きを読む

地域の環境活動への参加も半年が経過する。 (Mon, 04 Nov 2019)
地域の環境活動への参加も半年が経過する。 未だに専門的な言葉はよくわからないが、地域活動の仕組み、活動している方々、どんなことをされているのかはつかめてきた。 続きをみる
>> 続きを読む

地域環境リーダー育成講座 終了 (Mon, 21 Oct 2019)
川崎市主催の平成元年度地域環境リーダー育成講座の全過程が終了した。 視点を変え、一からの学びは、新たに多くの地域の魅力を発見しながらも、多くの課題が見えてきた。 続きをみる
>> 続きを読む

僕らのチームでできることないのかな? (Wed, 16 Oct 2019)
地域環境リーダー講座もあと1回を残すのみ。初めて出会ったメンバーも、5カ月間、意見交換し、ゴールを決めて協働していくとチームらしくなってくる。 年齢、職業、家族構成等、バックグラウンドはバラバラだが、徐々に共通言語が生まれ馴染んでくる。環境が入り口であったが、地域全般へ関心は広がっていく。 続きをみる
>> 続きを読む

地域コミュニティへ多種多様な業界からのアプローチ (Fri, 04 Oct 2019)
「地域における省エネ家電買換促進会議」へアドバイザーとして参加する。 エアコン、冷蔵庫、LED照明を中心とする省エネ家電への買換促進は、環境省が旗を振り展開されているが、わかりづらく、また高性能がゆえに高額で、動きが鈍い。 続きをみる
>> 続きを読む

日曜日は環境講座 (Mon, 30 Sep 2019)
日曜日の環境講座が続く 建築、健康、福祉、教育、そして環境 続きをみる
>> 続きを読む

ユネスコエコパークの講座 (Sun, 08 Sep 2019)
正式名を生物圏保存地域(BR:Biosphere Reserves)といい、1976年(昭和51年)に開始されたユネスコ人間と生物圏(MAB:Man and the Biosphere)計画のプロジェクトの一つで、日本では親しみやすいように「ユネスコエコパーク」と呼ばれている。 2017年6月14日、利根川の源流のまち、みなかみ町はユネスコエコパークに登録された。(みなかみ町HPより) 続きをみる
>> 続きを読む

プロボノ キックオフミーティング (Sat, 07 Sep 2019)
プロボノのキックオフミーティングに初めて参加する。 プロボノ(Pro Bono(Publico))とは、「公共善のために」を意味するラテン語に由来する言葉で、「社会的・公共的な目的のために、仕事で培ったスキルを活かすボランティア活動」のことを意味する。(川崎市HPより) プロジェクト毎にチームが編成され、支援先団体とプロボノワーカーが面会。自己紹介、意見交換を行うことから始まる。 続きをみる
>> 続きを読む

夏休み自由研究講座 (Sun, 28 Jul 2019)
川崎市地球温暖化防止活動推進センター主催の夏休み自由研究講座。夏休みが始まると同時に開かれ、8月上旬まで全26講座に小学生が集まる。 毎年開催され、東京都内からも応募があり抽選となる人気プログラムである。 続きをみる
>> 続きを読む

地域環境リーダー育成講座 前期終了 (Sat, 13 Jul 2019)
地域環境リーダー育成講座 前期終了。 耳馴染みのない言葉が続いたが、身近にある課題解決、今後10年間の動向を聞き関心が深まる。 座学とフィールド研修を重ねるバランスがとれたカリキュラム。リアリティが増してくる。 続きをみる
>> 続きを読む

温暖化センター講習会 (Sat, 13 Jul 2019)
関東ブロック温暖化センターの講習会へ参加する。講師は環境省大臣官房環境計画課 岡野隆宏氏で、内容は「地域循環共生圏の創造 ー日本発の脱炭素化・SDGs構想ー」についてであった。 駆け出しの自分にはいきなりハードルが高い表題であったが、聴いていくうちに頭の中は、「では、具体的に地域でどうするか」モードに変わってきた。 続きをみる
>> 続きを読む

この夏の研究課題 (Thu, 11 Jul 2019)
SDGsクイズを考えていると、もっと身近なテーマに置き換えて考えれないものだろうかと思い始める。 17の全部に言えるのだが、3と11は特にあてはめて考えたくなる。 続きをみる
>> 続きを読む

SDGsクイズのディスプレイ制作 (Wed, 10 Jul 2019)
SDGsが子ども達にわかるようにと、クイズのディスプレイを作ってみる。 噛みくだいて簡単な表現にするのは難しい。 ついつい文字が多くなる。 続きをみる
>> 続きを読む

地域環境リーダー育成講座3 (Sun, 07 Jul 2019)
本講座は、知らなかったホームタウンに会わせてもらえる内容でもある。 今日は多摩川にある二ヶ領せせらぎ館。国土交通省宿河原堰管理棟。ここで20年に渡り活動を続けられているNPO法人多摩川エコミュージアムの方に活動紹介を受ける。 続きをみる
>> 続きを読む

全国の環境研修会 (Thu, 27 Jun 2019)
国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた全国環境研修会へ参加する。 全国の地域センターから集まって来られた方々との学び、同じ視点の"仲間"の交流は貴重である。 コミュニケーションを深めていくうちに、自分の地域活動が別な角度から見えてくる。 続きをみる
>> 続きを読む

地域環境リーダー育成講座2 (Sun, 23 Jun 2019)
地域環境リーダー育成講座の2日目 資源循環と廃棄物処理についての座学と現場見学 続きをみる
>> 続きを読む

地域の資産 (Sat, 15 Jun 2019)
川崎市内の中学校を訪問する。 地域と学校のつながりはコミュニティの土台である。 しかし、自分や知人の子供がいれば近い存在となるが、一般的には遠いものである。校舎に入る事などまずない。 続きをみる
>> 続きを読む

地域環境リーダー育成講座 (Sun, 02 Jun 2019)
久しぶりにメンバーとして、参加をさせていただいた。地域というタッチポイントがあると、やはり楽しい。 どの分野でも専門的な知識の習得は重要であるが、意識を共有していく仲間づくりが何より大切である。 続きをみる
>> 続きを読む

あらためて感じるグループとネットワークの重要性 (Thu, 30 May 2019)
これまで、個人、自治会、大学、LLP、LLC、株式会社と異なる形態から地域活動、関連した取り組みに関わってきたが、それぞれの性格、スタンスがあり、当然のことながら向き合い方にも違いがあった。 今回、NPOからのアプローチを学ばせていただきながら個人、グループとネットワークの有機的な動き、重要性をあらためて認識している。 続きをみる
>> 続きを読む

デザイン性豊かな駅の壁面緑化 (Wed, 15 May 2019)
あまり知られていないが、JR武蔵溝の口駅は2年前からデザイン性豊かな環境プログラムが行われている。 エコステといい、水素エネルギーの活用を推進し、省エネルギー・再生可能エネルギーなど環境保全技術を駅に導入する取組みで、構内のあちらこちらに壁面緑化が施されている。 続きをみる
>> 続きを読む

地域へのアプローチ手法 (Fri, 10 May 2019)
昨日、環境の会議に初めて出席する。 地域に向き合うのは同じでも、健康福祉とアプローチの違いを実感。 とりわけ、教育と連動した子どもへの意識づくり、行動スキームに学ぶことばかり。 続きをみる
>> 続きを読む